【名古屋?台湾?名物】ただ辛いだけじゃない激辛ラーメン味仙

お出かけ
この記事は約3分で読めます。

台湾ラーメンは、1960年「台湾料理 味仙 今池本店」で台湾の本場のラーメン(台仔麺)をアレンジした事から始まります。

ですので、台湾ラーメンという名前ですが、台湾本場のラーメンではなく日本の名古屋で生まれたラーメンの名前が「台湾ラーメン」ということです。

実は大阪にも誕生しています

名古屋では台湾ラーメンと言えば、「味仙」という事は周知になっていますが、その他の地域ではそれほど知名度はないと思います。

しかし、コンビニカップ麺のご当地ラーメンで見ることもありますし、実は昨年2019年10月に大阪マルビルに誕生しました。

今池本店は、行列が出来ているのが当たり前ですが、大阪ではどうでしょうか。

場所は以下です

「味仙」今池本店

今池本店へのアクセスは以下です。

店構えはこんな感じ。

台湾ラーメンという名前だけで想像すると、どうでしょう?すこしB級な店構えを想像してしまいそうですが、非常に綺麗です。

店内は以下

店内も清潔感があります。

お冷も瓶で出されるなんて、オシャレですね。

店員さんは、全員台湾人かな?

台湾ラーメンのお味は…

こちらが台湾ラーメンです。

いかにも辛そうな色ですね。

ニラとミンチがメインの具材で、ネギ・ニンニクもよくきいています。

スープは醤油ベース。さらっとしているのに、麺によく絡むだけではなく程よい濃さ。

辛さは、唐辛子由来でミンチやスープを食べると強い辛みを感じます。

食べ終わるころには汗だくになっていますが、さらさらと食べやすいスープ。

ただ辛いだけではなく、旨味がありますのでスープまでも飲み干してしまうほどおいしいです。流石人気ラーメンです。

常連さんは、ラーメンではなく空心菜や八宝菜等の総菜メニューをよく頼むそうで、ラーメンは、飲み帰りや観光客向け。

実際に、周りでラーメンを頼んでいる人は少なかったです。

それだけ、他のメニューも美味しいのでしょう。

まとめ

味仙の台湾ラーメンといえば、名古屋では知名度抜群のラーメンです。

食べれば下痢必須という異名を持ちますが、それでも人気のラーメン。

今回初めて店に行きましたが、実は名古屋土産でインスタントの味仙を食べたことがあります。

実際に本店に行って思ったことは、インスタントの味仙は再現性高い!という事です。

スープも麺も、インスタントで食べた味仙にかなり近かった印象があります。

なんなら、インスタントの方が辛かったかも…

インスタントの味仙もかなりお勧めです。

味仙 台湾ラーメン 2食入〈ラーメン 名古屋 お土産 土産 なごや おみやげ 手土産 調味料 国内土産 愛知県 ギフト ご当地 グルメ 名物 台湾ラーメン 味仙〉

価格:1,080円
(2020/4/9 19:07時点)
感想(3件)

コメント