【うな丼】三重のソウルフード新玉亭

お出かけ
この記事は約2分で読めます。

明治時代創業の、三重の新玉亭。

歴史は130年と古くから愛され続けるうなぎの名店です。

地元民のみならず、全国からこの新玉亭めがけて集まります。

所在地と外観

新玉亭は、津市役所と津城跡のすぐ近くにあります。

独特な色合いの店構えで、4階建ての店舗となっています。

4階建てで、かなりのキャパ数ですがお昼時には列ができますので、流石の名店と言ったところ。

私も13時30分頃の来店でしたが、少し待ちました。

店内とうな丼

店内は、基本座敷席で大広間と言った感じです。

客層は、子供から大人まで幅広く、やはり年配の人が多いですが、オフィスに近いことから、サラリーマンや現場職の方も結構おられます。

今回注文したうな丼は並盛です。

待つこと30分。結構待ちますが、注文からウナギを調理しているのでしょう。

写真は以下

丼ですが、流石のウナギ。上品です。

そしてこの肉厚のうなぎ。なかなかこの厚みはないのでは。

甘辛ダレが絶品です。

これはファンが増えるわけだと納得の逸品です。

大盛が名物

新玉亭はただ単に、ウナギが名物だという訳ではありません。

じつは大盛が何よりも店のインパクトを大きくしています。

写真が以下

こちらは、中盛を完食しか注文できないというシステムで、中盛を食べると札が店からもらえます。

中盛と言っても、この大盛の一回り小さいだけですので、普通に大盛です。

普通ウナギの名店と言えば「うな重」ですが、新玉亭では「うな丼」というのは、この大盛があるからですね。

コメント