なびくる(ナビクル)に無料査定を申し込んだら大変なことになった…

話のネタ
この記事は約3分で読めます。

ラジオを聞いていると、車の販売・下取り・買取のCMが過剰に流れてきますよね。

そもそも、車の中でしかラジオを聴く機会がない人の方が多いかもしれません。

ですので、CMを打つ側として車×ラジオは戦略的には良いのかもしれません。

そういう私も、ラジオを聞きながらこの車はいくらの価値があるのだろうと、「簡単無料査定」をしましたので、無料査定してみてどうだったかをレビューします。

なびくる

私が無料査定を申し込んだのは、ナビクル。

ラジオCMも特徴的で耳に残るフレーズで知っている人も多いのではないでしょうか。

ナビクルがCMで言うには、

  • 高額査定
  • 車が高く売れる
  • 最短47秒の申込
  • 最大10社の買取業者から見積りが取れる

車を売りたい人の希望が詰まっていますね。

これは、車を乗り換えたい人や売りたい人は電話してしまう訳です。

なびくるとは?

ナビクルとはそもそも会社の名前ではなく、サイトの名前です。

このサイトを運営しているのが、株式会社エイチーム

実はスマホゲームで有名な会社です。

「ハナユメ」や「引っ越し侍」なども運営、ラジオを聞く人にはCMで良く聞く定番どころ。

つまり、ライフサポート事業に力を入れていますが、IT系の企業です。

東証一部にも上場していますので、企業としての信頼性は高く詐欺とかの心配はありません。

無料査定をする前に…

今回、私はCMの言われるがままに気軽に無料査定を申し込んでしまいました…

その結果がこちらです。

鳴りやまぬ電話の嵐。

因みに、申し込んだ瞬間は電話回線が混雑していたのか、不在着信がショートメールにも10件ほど溜まりました。。

電話番号を調べるとビックモーター・ジャック査定センター・ネクステージ等

まさか、こんなに電話が来るとは思いませんでしたし、営業熱心とはいえここまでくると嫌がらせレベルです。

流石に、数日経過すれば電話の頻度も減りますが、それでもまだ一日数回電話はなります。

軽い気持ちで申し込んで、営業マンの手を煩わせるのも少し忍びないですが、営業電話と分かっていて電話に出るのは億劫です。

実際に車を売る人には良い

上記のように、無料査定を申し込んだらすぐに買取業者が電話をしてくれるので、速やかに売却までの手続きを進めることが出来るのではないでしょうか。

競合がありますし、ナビクル経由での客だと相手も分かっていますので、それぞれに相見積もりを出してもらえるかと思います。

流石に店舗まで、車を持って行かないと査定は出来ませんが。

なびくるの印象が電話の嵐という事で決まってしまいましたが、サイトの申し込みが終わればしっかり概算を出してくれます。

以下のように、入力した情報で近い前例を引っ張てくるのでしょう。

まとめ

なびくるは車を売る人にとっては非常にスムーズに車を売れる事は間違いありません。

そのスキームが出来あがっていますので。さらに概算を出してくれるので、売る際の販売価格がイメージできます。

ただ、なにより電話が凄い事になるという事。

ですが、ナビクルの運営元である株式会社エイチームは幅広いインターネットコンテンツを手がけているので、ナビクルのサイト自体の操作性が良く、だからこそ47秒査定と謳えるのだと感じました。

注意があるとすれば、電話の煩わしさは半端ありませんし避けれませんので、もし利用するなら電話があるという事をしっかり念頭に置くことが大事です。

コメント