【名古屋名物】矢場とん

レストラン
この記事は約2分で読めます。

名古屋名物みそカツで有名な矢場とんに行ってきました。

アクセス

矢場とんは栄より一駅南の矢場町が最寄り駅になります。

営業時間は、定休日なし

11:00~21:00

となっています。

食事時の時間帯は行列

ランチタイムやディナータイムには常に行列ができています。

下の写真のように、有名な矢場とんのロゴがでかでかとビルにありますので、非常に目立ちますし、行列が目印となります。

客席は1~5Fまでありますが、4.5Fは宴会場で通常は1~3Fまでの計74席もの席数ありますので、回転率は非常に良いです。

ですので、下の行列程であっても10分ほど待てば中に入れました

明るい雰囲気と濃い味

ラーメン店のような雰囲気ですが、店内は、清潔感があります。

カウンター席の前に厨房があり、調理を見ることができますが、手際よく2.3Fの注文料理もさばいていきます。

特徴は、調理スタッフの明るい雰囲気。言葉を変えると、終始ヘラヘラとしています。

その良い雰囲気に和みました。

そして、出てきた定食がこちら、1番人気のヒレカツ定食。

ライスはお替り無料。

ご飯の進む濃い味が特徴的な名古屋飯。例外なく矢場とんも濃い味噌カツでした。

関西人の私としては、是非ともソースで食べたいと言うのが正直な感想。

半分過ぎたあたりから、ミソだけだと飽きてしまいますし、濃さに苦しみます。。

ですが、日が開くとまた行きたくなるのが矢場とん。

この濃さを求めてリピートする事必至のみそかつです。

コメント