床リフォームは何がおススメ【フローリング・カーペット・クッションフロア・タイル・畳】

DIY
この記事は約6分で読めます。

床のリフォームも、選択肢がおおくあります。

一番多いのが、フローリングですが何が適しているかは場所や部屋の用途にも変わってきます。

また、経済的な面を考慮しても損耗の多い場所なのかも床材を選ぶポイントになります。

  • 部屋の用途によって床材を選ぶ
  • 金額によって床材を選ぶ
  • デザインによって床材を選ぶ

何を重視するかで、床材の特徴を考慮し選びやすくなると思います。

床材は大きく分けて5つあります。それぞれの特徴を見てい行きます。

フローリング

フローリングは多種多様で、様々な部屋に使えるオールラウンダーといっても良いでしょう。

フローリングの中でも

  • 天然木フローリング
  • 無垢フローリング
  • 表面コートフローリング
  • 複合フローリング

など、細かく見ていけば特徴もさまざまです。

水回りに適したフローリングの種類や、リビング・寝室・書斎・廊下などでそれぞれのに合うものをフローリング材で用意できるのも、フローリングが多く使われる理由でもあります。

一般的には、コストの安い複合フローリングが一番多く流通していますが汎用性が高く、リフォームの際には使いやすい材料です。

ホームセンターに置いてあるフローリング材も基本的にはこの複合フローリングです。

複合フローリングの材料だけなら、6畳分でおよそ20000円~30000円程が相場観です。

ホームセンターなんかでは、オリジナル商品があり2畳分で6000円程というものもあるので少しお得ですね。

★12時~12H全品P5倍★【送料無料】 フロアタイル ウッドカーペット 6畳分 48枚入り はめ込み式 賃貸OK 床暖房対応 木目調 リノベーション フローリングタイル フローリング材 ウッド調 フローリングマット 床材 接着剤不要 木目 低ホル 床 DIY おしゃれ

価格:25,800円
(2020/4/20 16:02時点)
感想(27件)

カーペット

カーペットも、かなりの種類があります。

タイルカーペットを含めれば相当な種類ですが、グレードもピンキリです。

カーペットなので、クッション性あり柄も多くありますので、好みのインテリアとも合わせることが出来ます。

ダニや汚れに強い材料も出てはいますが、アレルギー体質の方にはNGになりがちです。

寝室やリビングに採用する事で、より落ち着きある空間となりますのでフローリングが台頭したとはいえ年配の方を中心にカーペットが好きな人もまだまだ多いです。

DIYでカーペットを張るの出来なくもないですが、少し難しいかもしれません。

DIYですと、たわみが出たり繋ぎ目が目立ってしまうので、カーペットは職人に依頼する事をおススメします。

タイルカーペットであれば、DIYでも問題なく簡単に貼れます。

6畳間でおよそ20000円~30000円です

タイルカーペット サンゲツ NT350 NT-350 ( グラデーション ) カーペットタイル 簡単 DIY リフォーム インテリア カーペット・ラグ・マット タイルカーペット 50×50 NT321G NT322G NT323G

価格:10,260円
(2020/4/20 16:23時点)
感想(0件)

クッションフロア

最近の床リフォームで、一番伸びてきているのがこのクッションフロアです。

木目調だけではなくデザインも多く、水にも強いので水回りにも積極的に採用できます。

手入も簡単ですが、10年程が張替え周期だといわれます。

ですが、このクッションフロアの最大の魅力は安さですので、汚れがひどくなっても手軽に変えることが出来ます。

材料代は6畳間で6000円~10000円程で購入できます。

新カラー登場!東リ 当店一番人気!売れてます クッションフロア CFシート H(1m単位での販売)幅1820mm 厚さ1.8mm トイレ 洗面所 玄関 などのリフォーム床材におすすめ!

価格:968円
(2020/4/20 16:48時点)
感想(164件)

タイル

タイル張りの床は、一軒家では豪邸にしかないイメージですがリビングやキッチン、脱衣所・トイレ等、水回りに床タイルを使用する事は増えてきています。

スタイリッシュに見せれますし、耐久性や汚れに強いので非常に扱いやすいです。

床暖房と合わせれば、夏は冷たく冬は暖かいので快適さも損なわれません。

こちらの施行も、職人でないと難しいですが、知識と器用さがあればDIYも出来なくはありません。

最近では、賃貸マンションや分譲マンションでも採用される事が多くなっていますので、リフォームの際には候補に挙げてみるのもありです。

タイルの材料だけで言えば6畳で20000円~でありますが、モルタルなども必要になります

タイル 300角 外床 玄関 床タイル ファインスレート 砂岩面 波面 こたたき面 岩面 DIY リフォーム おしゃれ テラコッタ ベランダ 庭 敷石 土間 ポーチ テラス 外床タイル 浴室 お風呂 壁 床 トイレ 耐熱 雑草除け 建材 床タイル

価格:3,680円
(2020/4/20 16:34時点)
感想(218件)

畳も分類していくと、様々あります。

最近一般的なのは建材畳。これは昔ながらのい草で作るワラ畳ではなく畳床が断熱材になっていて調質効果もありませんが、軽く安価です。

和紙畳なんかは最近人気で撥水加工されていますし、ダニやカビが発生しにくくカラーバリエーションも豊富です。

畳は機械がないと作れません。

厚さ30mm程度で自分で敷き詰めたいという場合は以下。

6畳分で25000円程です。

【ポイント5倍★本日23:59迄】【6枚以上で送料無料】国産 置き畳 琉球畳 82×82cm×厚み30mm(単品 1枚)サイズオーダー対応【置き畳 置き畳み 畳み 縁なし畳 畳 ユニット ユニット畳 畳 82×82 フローリング 敷くだけ マット 30mm 縁なし 国産 い草 高級】

価格:4,268円
(2020/4/20 16:51時点)
感想(15件)

新調するなら5~8万円ほどかかります。

まとめ

床も、様々な種類がありますのでリフォームの際には、家自体が築何年か?下地に問題はないか?などを考慮しつつイメージを膨らませましょう。

床のリフォームと言えば、大掛かりな工事だとイメージしてしまいがちですが、構造さえ分かっていれば難しいものではありませんので、チャレンジしてみても良いと思います。

特に、下地が問題なければレイヤー工法ならそのまま好みの材料を敷くだけですし、床材を剥がして貼りなおすだけなので段差が出来ないよう注意すれば大丈夫です。

わざわざ職人さんを呼んで多くの費用を払うなら、その分グレードの高い床材を調達しましょう。

コメント