DIY

フロアシート ホームセンター比較【カインズ・ニトリ価格表】

2021年3月10日

フロアシート
  • フロアシートを売っているホームセンターはどこ?
  • どんな種類が売っている?
  • フロアシートを貼る目的は?
  • フロアシートのサイズと、必要な数量は?
  • フロアシートをホームセンターで買うならどこが安い?
  • ホームセンターとネットはどっちが安い?

こんな悩みを解決できる記事になっています。 クッションフロアを売っているホームセンターの価格が分かり、どこで買うのがオススメかも紹介しています。

 

 

フロアシートを売っているホームセンターはニトリとカインズ

フロアシートを売っているホームセンターはニトリカインズです。他にも売っているホームセンターはあると思いますが、 『貼って剥がせる』というのがポイントで、賃貸やDIYが苦手な方にもオススメの商品になっています。

 

ここ数年で人気が出てきた商品で、裏がシールになっていて貼るだけなので施工がとても楽です。厚さは0.45ミリ~1ミリくらいですが、表面は塩ビ(塩化ビニル樹脂)なので水もはじき汚れやキズにも強いです。

 

床の種類と状態によって表面が剥がれやすいので注意が必要です。古いフローリングなどは要注意   

 

ホームセンターのフロアシートは種類が少ない

種類はそこまで多くありません。

  • 木目調(フローリング・板目など)
  • タイル調(テラコッタ・モザイクタイルなど)

確認出来たのは、ニトリが3種類カインズが4種類。それぞれ3サイズずつありました。 店舗によっては他にも種類はあるかも知れません。

 

フロアシートはキズ・汚れ防止、見た目をキレイにする目的

フロアシートは、「汚れている見た目をキレイにしたい」「キレイに保ちたい」という目的がメイン。フロアシートの目的と場所はどこなのかを明確にすると選びやすくなります。

 

【 設置場所と目的の例 】

  • キッチン(リフォーム・汚れ防止)
  • トイレ(リフォーム・汚れ防止)
  • テーブルやイスを置く場所(キズ防止)
  • ペットの導線(キズ・汚れ防止)
  • 汚れを隠したい場所(リフォーム)
  • キズや汚れを防止したい場所(原状回復のため)

撥水性・キズ防止・汚れ防止の効果が期待できますが、クッション性はありません。目的によって必要な柄選びも変わりますが、必要な数量もだいぶ違いますので、もう一度目的を明確にすると良いでしょう。

 

ニトリとカインズのフロアシート価格と商品比較

ニトリのフロアシート3種類

フロアシート ニトリ

カインズのフロアシート4種類

フロアシート カインズ

 

ニトリ カインズのフロアシートは3サイズ

ニトリのフロアシート

  • 45cm×120cm(0.54㎡)999円(税込)
  • 45cm×180cm(0.81㎡)1,490円(税込)
  • 45cm×240cm(1.08㎡)1,990円(税込)

ニトリは45cm×240cmがある

(幅は45cmの1種類で240cmが最長)

  • リビングやその他の広い空間は長い方が継ぎ目が少なく施工できる。

カインズのフロアシート

  • 45cm×120cm(0.54㎡)980円(税込)
  • 45cm×180cm(0.81㎡)1,580円(税込)
  • 90cm×180cm(1.62㎡)2,980円(税込)

カインズは90cm×180cmがある

(幅は45cmと90cmの2種類で180cmが最長)

  • トイレなどの狭い空間に継ぎ目なしで貼れる
  • テーブルやイスなどに継ぎ目なしで1枚で貼れる

 

フロアシート 部屋の広さと目安寸法

 

部屋の広さに対しての必要な長さと本数

※スマホ画面は横向きにすると見やすくなります。表はスクロール可能です。 

部屋の広さフロアシート必要本数
3帖(約4.95㎡)11m

45cm×120cm×10本

45cm×180cm×7本

45cm×240cm×5本

90cm×180cm×3本

4.5帖(約7.43㎡)16.6m

45cm×120cm×14本

45cm×180cm×10本

45cm×240cm×7本

90cm×180cm×5本

6帖(約9.9㎡)22m

45cm×120cm×19本 

45cm×180cm×13本

45cm×240cm×10本

90cm×180cm×7本

8帖(約13.2㎡)29.5m

45cm×120cm×25本

45cm×180cm×17本

45cm×240cm×13本

90cm×180cm×9本

※1帖・・・約1.65㎡にて計算 90cm幅の場合、45cm幅の半分の長さが目安になります。

 

例:45cm幅 3帖分(16.6m)→ 90cm幅 3帖分(8.3m)

 

部屋の形状によって継ぎ目だらけにならないようサイズを選ぶと良いです。

 

目安の寸法なので、施工する際はお部屋の幅と長さを測って必要なm数を購入するようにしましょう。施工する際にはロス分も出ます。

 

フロアシート ニトリ カインズ 比較表

上記の目安寸法、必要数量を金額にして比較表にまとめました。

※スマホ画面は横向きにすると見やすくなります。表はスクロール可能です。 

部屋の広さニトリ(税込)カインズ(税込)
数量45cm×120cm45cm×180cm45cm×240cm45cm×120cm45cm×180cm90cm×180cm
1本あたり999円1,490円1,990円980円1,580円2,980円
3帖分(2.7m)9,990円10,360円9,950円9,800円11,060円8,940円
4.5帖分(4.1m)13,986円14,900円13,930円13,720円15,800円14,900円
6帖分(5.4m)18,810円19,370円19,900円18,620円20,540円20,860円
8帖分(7.2m)24,975円25,330円25,870円24,500円26,860円26,820円

ニトリの方が若干安く感じますが、金額に大きな差はないです。トイレなどに施工したい場合はカインズの90cm×180cmサイズが使いやすそうです。

 

上記は同じ寸法のフロアシートを購入した場合の目安です。必要な寸法によって長さを組み合わせればロス分が少なくなる場合があります。

 

フロアシートはネットの方が種類が豊富

 

柄やサイズもたくさんあり、それぞれの店舗に施工方法なども掲載されているので参考になります。  

 

まとめ

  • フロアシートはニトリとカインズに売っている(他もある)
  • 商品のラインナップは少なめ
  • 柄によって金額は変わらない
  • ニトリとカインズを比較すると若干ニトリの方が安いがサイズによる
  • 部屋の寸法を取ると必要寸法が分かりやすい
  • ネットショップが安くて商品数が多い

 

クッションフロア ホームセンター比較 どこが一番安い?【コーナン・カインズ価格表】

  クッションフロアを売っているホームセンターはどこ? どんな種類が売っているの? どのくらいの長さが必要? クッションフロアをホームセンターで買うならどこが安い? ホームセンターとネットは ...

続きを見る

フローリング材を買うならどこがお得?【ネット・ホームセンター比較】

フローリング材の金額はピンキリですが、ホームセンターに置いてあるようなものが、価格の中心帯であったりもします。 購入の際は、多くの人は6畳~購入しますので単価次第で結構な差額が出てくることもありますの ...

続きを見る

 

-DIY

© 2021 スローライフブログ