DIY

クッションフロア ホームセンター比較 どこが一番安い?【コーナン・カインズ価格表】

2020年1月27日

 

  • クッションフロアを売っているホームセンターはどこ?
  • どんな種類が売っているの?
  • どのくらいの長さが必要?
  • クッションフロアをホームセンターで買うならどこが安い?
  • ホームセンターとネットはどっちが安い?

 

こんな悩みを解決できる記事になっています。

クッションフロアを売っているホームセンターの価格が分かり、どこで買うのがオススメかも紹介しています。

フロアシートはこちらをCHECK

フロアシート
フロアシート ホームセンター比較【カインズ・ニトリ価格表】

フロアシートを売っているホームセンターはどこ? どんな種類が売っている? フロアシートを貼る目的は? フロアシートのサイズと、必要な数量は? フロアシートをホームセンターで買うならどこが安い? ホーム ...

続きを見る

 

クッションフロアを売っているホームセンターはたくさんある

  • コーナン
  • カインズ
  • コメリ
  • ビバホーム
  • DCMグループ
  • 島忠ホームズ
  • ロイヤル
  • ジョイフル本田

※順不同

などなど、その他「ホームセンター」と呼ばれるお店にはどこでも置いているくらいのメジャー商品です。

店舗によって置いている商品が異なるので、たくさんの種類を見たい場合には大型店を選ぶことをオススメします。

 

ホームセンターのクッションフロアは定番商品が多い

クッショッンフロアの種類は数え切れないほどありますが、定番の柄は絞られます

・木目調(フローリング・板目など)

・石目調(オニキス・マーブル・大理石など)

・タイル調(テラコッタ・モザイクタイルなど)

こちらの記事内にもコーナンとカインズの商品画像を掲載していますが、ラインナップが似ていることが分かると思います。

柄によって金額に違いが出ないことにも注目です。

商品自体が大きく、切売りになることを考えると、あまり種類を多く置けないのも納得できます。

 

コーナンとカインズのクッションフロア価格と商品比較

 

コーナンのクッションフロア画像

コーナンは全6種類で、1m単価の金額表示でした。幅は91㎝幅と182㎝幅。

カインズホームのクッションフロア画像

カインズホームは全5種類で、10㎝単価の金額表示。幅は91㎝幅と182㎝幅。

 

クッションフロア お部屋広さと目安寸法

部屋の広さに対しての必要な長さは、カインズの表によると(182cm幅の場合)

 クッションフロア両面テープ

3帖(約4.95㎡)

2.7m10m
4.5帖(約7.43㎡)4.1m15m
6帖(約9.9㎡)5.4m17m
8帖(約13.2㎡)7.2m20m

※1帖・・・約1.65㎡にて計算

91cm幅の場合、182cm幅の2倍の長さが必要になります。

例:182cm幅 3帖分(2.7m)→ 92cm幅 3帖分(5.4m)

92cm幅の場合は両面テープも少し多めに見ておいた方が良いです。

目安の寸法なので、施工する際はお部屋の幅と長さを測って必要なm数を購入するようにしましょう。施工する際にはロス分も出ます。

クッションフロア コーナン カインズ 比較表

※スマホ画面は横向きにすると見やすくなります。表はスクロール可能です。

 コーナン(税別)カインズ(税別)
91㎝182㎝91㎝182㎝
10cm74.8円148円68円135円
1m748円1480円680円1350円
3帖分(2.7m)4039円3996円3672円3632円
4.5帖分(4.1m)6134円6068円5576円5516円
6帖分(5.4m)8078円7992円7344円7265円
8帖分(7.2m)

10771円

10656円9792円9687円
両面テープ(50㎜×15m)798円725円
両面テープ(50㎜×20m)1180円1073円

 

コーナンとカインズでは若干カインズの方が安いという結果になりました。

機能的には表示によると変わりませんし、どちらもJISマークがついていますので品質は間違いないと思います。コーナンはTOLIの商品を取り扱っていますが、カインズはPB(プライベートブランド)になっているかと思います。メーカーやブランド名が違っていても、作っている工場は同じ(OEM商品)というのは建材商品だとよくあることです。見た目からもほぼ同等品と考えて良いと思います。

 

クッションフロアはネットが安くて種類も豊富!

ネットでは、更に商品数がたくさんあり、安い場合も多いので是非チェックしてみてください。

下記の4メーカーなら間違いないです。品質も値段も大きく変わりません。

・サンゲツ

・TOLI(東リ)

・シンコール

・リリカラ

コーナンにはTOLIの商品がよく置いてありますが、ネットだとコーナンより安く、種類も多いです。

182cm幅のクッションフロアは、車に乗せるにも横には積めない大きさなので、小さめの車だと運搬も大変です。配送料も良心的なのでクッションフロアは通販で買うのがオススメですね。

クッションフロアを継いで貼る場合(1本の幅では足りない場合)シームシーラーを使うと簡単に継ぎ目が溶接されます。継ぎ目が反ってきたり剥がれたりするのを防ぎ、水分の染込みや汚れ防止にも役立ちます。

 

まとめ

  • クッションフロアは色々なホームセンターで売っている
  • 商品のラインナップは少なめ(大型店の方が多い)
  • 柄によって金額は変わらない
  • コーナンとカインズを比較すると若干カインズの方が安い
  • 部屋の寸法を取ると必要寸法が分かりやすい
  • ネットショップが安くて商品数が多い
壁紙を買うならどこがお得?【ネット・ホームセンター比較】

壁紙を変えられたら、DIYの幅が広がりますよね。 とあるDIY玄人によると、職人にクロス張替えを頼むのと、DIYで替えるのは5倍の金額の差があるということです。 ですので、壁紙をDIYで替えるのはかな ...

続きを見る

フロアシート
フロアシート ホームセンター比較【カインズ・ニトリ価格表】

フロアシートを売っているホームセンターはどこ? どんな種類が売っている? フロアシートを貼る目的は? フロアシートのサイズと、必要な数量は? フロアシートをホームセンターで買うならどこが安い? ホーム ...

続きを見る

床リフォームは何がおススメ【フローリング・カーペット・クッションフロア・タイル・畳】

床のリフォームも、選択肢がおおくあります。 一番多いのが、フローリングですが何が適しているかは場所や部屋の用途にも変わってきます。 また、経済的な面を考慮しても損耗の多い場所なのかも床材を選ぶポイント ...

続きを見る

-DIY

© 2021 スローライフブログ