合板・コンパネ・ベニヤはどこが安い【コーナン・カインズ比較】

DIY
この記事は約6分で読めます。

木材の中でも、建築材に不可欠であり、DIYで活用できればコストを大幅に削減できる合板について、コーナンとカインズで比較したいと思います。

因みに合板・コンパネ・ベニヤの違いは…

  • ベニヤ…厚さ0.6mm~3mmの単層(1枚)の板の事
  • 合板…ベニヤ板を接着した積層(複数枚)の板の事
  • コンパネ…合板の一種でコンクリートの型枠用合板。(コンクリートパネル=コンパネ)

コーナンの合板・コンパネ・ベニヤ

今回も、コーナンにあってカインズにない。カインズにあってコーナンにないというものが多少ありました。

やはり、店の雰囲気からしてもコーナンは職人向けなのかな?という雰囲気が今回の合板のレイアウトでより顕著に感じられました。

因みに、上記はコーナンプロですが、通常のコーナンで広告が出ると更に安くなることがあります。

何故かパネコートは割高ですが、その他は少し安くなるので嬉しいですね。

カインズの合板・コンパネ・ベニヤ

カインズも合板の種類は豊富です。

レイアウトが綺麗で探し物が、見つけやすそうです。

カインズお馴染みの資材館に、木材等が全て収まっていますので非常に買い物がしやすいと思います。

合板・コンパネ・ベニヤ価格表

合板・コンパネ・ベニヤの価格比較をまとめた表は以下です。

(910mm×1820mm×**) コーナン(税抜き) カインズ(税込み)
普通合板(920mm×1830mm×2.5mm) 498円
普通合板4mm 718円
普通合板5.5mm 898円
普通合板9mm 1280円
ファルカタ合板11mm 1350円
針葉樹構造用合板9mm 900円 1200円
針葉樹構造用合板12mm 1050円 1350円
針葉樹構造用合板24mm 2480円
サネ付針葉樹構造用合板24mm 2480円
ラワンベニヤ5.5mm 1080円
ラワンベニヤ9mm 1450円
ラワン下地合板(900mm×1800mm×12mm) 1650円
OSBボード(クロノスパン製)11mm 1450円
JASコンパネ(900mm×1800mm×12mm) 1190円 1650円
JASコンパネ(900mm×1800mm×15mm) 1980円
パネコート(900mm×1800mm×12mm) 1390円 1750円
針葉樹塗装型枠用合板(900mm×1800mm×12mm) 1480円
国産杉ムクボード24mm 3980円
パイン集成材12mm 3980円
パイン集成材18mm 4980円 4980円
パイン集成材24mm 6980円
プラスターボード9.5mm(石膏ボード) 260円 350円
プラスターボード12.5mm(石膏ボード) 360円 450円

まとめ

今回の比較では、金額面や売れ筋からコーナンに軍配が上がったといえます。

最も多くの需要があると思われる針葉樹構造用合板で、税を入れても100、200円以上の差額があるのは大きいですし、厚さの種類もコーナンが多いです。

唯一、パイン集成材のみカインズに軍配です。

逆に、カインズはコーナンにないファルカタ合板(最も軽く柔らかく加工しやすい)やラワン合板(最も固く重く加工しずらい)の用意があります。しかし、エコやコストの観点から、加工・強度上の何の問題のない針葉樹合板が1番の売れ筋でしょう。

因みに、材木屋(木材専門店)でも合板は売られていますし、合板はそちらであれば更に種類が豊富ですし、サイズも様々です。

金額は、コーナンやカインズよりも割高なところが主ですが、数量やサイズを特注する職人さんには割引があるのでしょう。

ネットではこんな感じです。

【関西一部地域限定商品】 針葉樹合板 特類 12mm 910×1820 F☆☆☆☆

価格:1,823円
(2020/1/22 14:00時点)
感想(1件)

ネットで大きいものや、重量があるものの購入は割高ですしおススメできませんが、家まで運んでくれるので、車が無い方や女性はこちらも選択肢ですね。

コメント