台風での補修はDIYか業者に依頼か【波板張替え】

DIY
この記事は約5分で読めます。

先日の台風21号で、建物のいろんなものが飛ばされてしまった人は少なくないのでしょうか。

まだ、これから台風が来るかもしれませんのが補修は後でも先でも必要です。

カーポートやベランダ屋根・小屋の波板が飛ばされた人もいるでしょう。

特にこんな台風被害が大きく、初めてのことだと言う人も多く補修しようにも費用面も気になる事と思います。

今回は波板に絞っての補修費用とDIY施工方法についてご紹介します。

波板張替えDIYのメリット・デメリットは

まず、大前提として波板が飛んで行ってしまったとしてもDIYで補修できるかというのも、基本的には波板を乗せていた柱が無事だという事。

玄人DIY職人は、柱からも直せてしまいますが。

つまり、波板の張替えという事です

そんなDIYのメリット

  • 安く済ませることが出来る。
  • 災害時なので、自分のタイミングで出来る。
  • 波板施行は見栄えに差があまり出ない。

という点がDIYの魅力です。

災害時ですので、工務店に頼んでも順番待ちがかなりあるようですし、正直波板の張替えは美味しい仕事と言えませんので後回しになる事もあり得ます。

ですので、依頼から着工までもかなり時間を要す事もありますし、言い値みたいなところがありますので、費用面でも今は得策ではないかと思います。

ではDIYのデメリットと業者でのメリット

  • 高いところなので危険が伴う
  • 1回の買い物で材料をピッタリ用意することが難しい
  • 2~3時間の短時間で終わることが殆ど
  • ごみの廃棄もしてくれる
  • 良心的な業者ならDIYに近い金額

という所でしょうか。

特に、アルミのベランダ屋根は頑丈のようで脆弱。折れてしまっては余計な費用も掛かってしまうので安易に乗るのは体も財布も危険です。

作業するなら細心の注意が必要です。

業者に依頼した場合でも、波板の張替えの場合はそんなに高額にならない事もあります。業者によりけりですが、普通のベランダであれば2万円も行かない事もあり得ます。

逆に、普通のベランダでも5,6万円かかってしまう業者もありますが…

イメージとして、工務店依頼費用の目安は以下でしょうか。

  • ベランダ 波板ポリカ(5~6尺×8~10枚)=25,000円~35,000円
  • カーポート 波板ポリカ(8~9尺×8~10枚)=40,000円~60,000円

あくまで目安ですが、感覚的にはこれくらいが適正な金額だと思います。

これ以上だと少し高いのかもしれませんね。

基本的には、波板のDIYは業者の金額の半額で施工できるくらいのお得感となります。

張替えの材料は

波板の張替えといっても、波板には種類があります。

ホームセンターに行くとこんな感じです。(今は欠品だらけです。特に留め具)

波板の特徴を、こんな感じで書いてくれるホームセンター。非常に良心的でありがたいです。

全く波板の知識がありませんので。

波板にも多くの種類があるようです。

  • 塩ビ波板
  • ガラスネット
  • ポリカーボネート
  • カラートタン波板
  • ガルバリウム波板

というように、様々で料金も様々。

バルコニーやカーポートはポリカーボネートで決まりでしょう。

耐久年も費用面もこれしか考えられません。写真一番上。

裏表があるようですので注意が必要です。

波板の張替えはシンプルで、材料も多くありません。

  • 波板
  • 傘釘又は、フックボルトやポリカフック
  • 波板ハサミ又は、金切ハサミやノコギリ
  • インパクト(ボルトの穴あけ用)
  • 脚立
  • ハンマー
  • メジャー

これくらいあれば十分です。

【送料無料】【10枚セット】波板(ポリカーボネート製・エンボス) NIPC607E クリア・ブロンズ 楽天

価格:11,910円
(2019/6/5 20:05時点)
感想(2件)

波板ビス ステンレス座 ラスパートシルバー 5×25 100本 鉄板小波用 鉄骨下地用 波板用 アMD

価格:2,400円
(2019/6/5 20:03時点)
感想(1件)

ステンワンタッチフック シルバー 27mm 100本 波板用 アMD

価格:2,000円
(2019/6/5 20:04時点)
感想(0件)

E-Value DIY波板切はさみ

価格:587円
(2019/6/5 20:06時点)
感想(0件)

実際に波板の張替え

実際に被害はこんな感じでした。

無事な波板もあるのですが、波板の寿命を考えると全部張り替えた方が得策ですし、見栄えも良いです。

全部取っ払うとこんな感じ。

すっきり青空が広がっています。

アルミのフレームですので、フックの留め具。

被害にあった以前は、波板もガラスネット強化波板でしたが耐久年と費用で勝るポリカ波板。

フックもポリカフックから少し高価なステンレスフックボルトへ。

張るとこのような感じ。

初心者でも、いっちょ前な出来栄えだと自負するところ。

注意する点は、波板を切る際のサイズ感。

波板の両端は波板を入れ込むような形になっている事が殆ど。ですので長めに切るとハマらずに2度手間になります。ですので、1mmまたは2mm程度短めに切るほうが良いと、実際に作業していて思った次第です。

波板の穴あけ作業も、予め印をつけてある程度まとめて開けると時短でグッドですね。

波板ってなんだか古臭いイメージを持っていましたが、実際に作業してみると施工しやすいし頑丈ですし、思っていた以上に優れものです。

汚れや焼けが出るまでは景観も損なわないので、たまに洗ってあげたいのですが…

まぁ張替えの費用もそんなに掛からないしいいか。

今回のDIY。

業者に頼むと30,000円~40,000円のところ、

DIYなら

  • ポリカ波板  9枚  8,000円
  • ボルトフック 90個  3,000円 
  • 波板ハサミ       1,000円

12,000円で完了。

18,000円~28,000円のお得感。

【外構・駐車場作りのDIY】インターロッキング

コメント