【注目銘柄】仮想通貨Triggerトリガーがアメリカ銃規制問題を変える

時事
この記事は約5分で読めます。

アメリカでは、断続的に銃の乱射事件が発生しています。

アメリカの銃規制やアメリカの銃文化上致し方ないような気がしますが、我々は他国の文化を一概に非難することはできないと思います。

しかし、銃乱射事件で多数の死者を出してしまう事には、銃の管理や秩序という観点からは甚だ疑問が残ります。

日本に住んでいると、銃は生活からかけ離れていますが、アメリカで生活している方には銃を持たざるを得ない風習や文化があることは周知の事実です。

2018年2月もフロリダの高校で銃乱射事件が起こり、17名もの死亡者が出ました。容疑者は同高校の元生徒で、トラブルにより退学となった19歳の男でした。

トランプ大統領は事件を受けて、銃を持つ人のメンタルヘルスの問題を指摘、言及しましたが、そもそもの銃規制については言及しませんでした。

オバマ大統領時代に一部の銃購入禁止の法律案にオバマは署名しましたが、トランプ大統領になってからは白紙になっています。

 

アメリカの銃事情

アメリカでは、銃による殺人事件や乱射事件などの無差別犯罪は決して珍しくはありません。

一度の乱射事件で最も多くの死者を出した事件はノルウェーでの77人ですが、次ぐのはアメリカのフロリダで50名で、アメリカでは1日に銃で命を落とす人は100人近くになると言います。

事件が起こるたびに、銃禁止のデモや被害者遺族のインタビューを日本でも目にします。

なぜ、これほどまでに命を奪う銃が禁止されないのかを考えると、様々な理由がある。

  • アメリカ社会で産業としての存在感・影響力が大きい
  • 既に管理できないほどの銃が流通している
  • 銃が問題ではなく、使う人間の問題という倫理観(トランプはここを強調)
  • 憲法による武装権
  • 軍依存ではなく自己防衛を誇りにしている

上記以外にも様々な理由が存在しているが、総じていえばアメリカという国の成り立ちや歴史、文化ステレオタイプが大きく影響しています。

日本文化では極端に言えば、銃=悪で危険物のようなイメージがありますが、アメリカでは銃がそこまでのイメージが持たれていません。

例えるなら、日本でいうところの飾の日本刀ぐらいなのかもしれません。

禁止しない言い分としては、銃でなくても包丁やハサミも人を殺せる。銃が殺人を起こしているのではなく、人が人を殺している。使う人間がどう使うかが肝心。

という事ですが、銃が無ければ奪われなかったであろう命も多くあったのも事実ではないでしょうか。

しかしながら、アメリカ社会では銃禁止の実現は事件が多発していても難しい現状です。

 

仮想通貨Triggerトリガーが銃規制を変えるかも

2018年2月の一連の報道で、銃規制への機運が高まると銃を求める人も大きくなります。実際に先日の事件から1日、2日後には銃の市場や展覧会が行われています。

これは、規制されると買えなくなってしまうという焦りがそうさせるのでしょう。アメリカでは護身用という防衛本能が強く働く国民性があるので、ないと不安になる方も多いのでしょう。

日本でいうところの、お守り代わりになっているのかもしれません。

実際に規制されるのであれば、 規制前に銃の大売り出しがあるかもしれません。

アメリカは州によっても、文化風習の違いもあり政治や法律も違っていたりしますので、一気に一括管理というわけにいかないとは思います。

銃文化そのものは、アメリカからは無くなることはないとは思いますが、今まで手軽に入手・管理できた銃が、今後どのような入手方法・管理方法になるのかも注目です。

 

気になるのはスマートガンと仮想通貨トリガー

規制の流れになるのかは、大統領であるトランプの判断次第になりますが、実際は銃規制については消極的な姿勢です。国民に対して強気な姿勢を見せるトランプ大統領にとっては、デモが起こっていても、さほど問題にしないのかもしれません。しかしながら、こうした銃犯罪が日常的に起きる社会だからこそスマートガンは誕生しました。

日本においても、昔は刀がありました。

江戸時代前に刀狩で刀が農民から取り上げられ大きな反発がありましたが、現代になって刀を日常で使用している人はいません。

これも、一斉になくなったのではなく、当時の日本と現在のアメリカを比較するには無理がありますが、当時の日本は刀狩の令で刀を持つことを許された資格者のみ合法だったわけです。

農民の反乱を抑える目的が主としてありますが、刀を無駄な殺生に使えなくするという治安改善の目的でもありました。

そう考えると、刀狩は刀を一部では禁止しましたが全体で見ると規制の範疇であります。

つまり、規制強化という意味合いでスマートガンを推奨することは治安改善に繋がることになると考えれます。

アメリカで銃の規制強化の機運が高まっているうちに、銃がスマートガンのみへの移行のタイミングとなってくれることを願うばかりです。

伴って、仮想通貨トリガーがmoonすることでしょう。

淡い期待ですが、社会をよくする可能性を秘めたトリガーが魅力的に見える今日この頃です。

 

普及までの今後の問題点と期待値

技術は素晴らしく非常に合理的、アメリカ社会の銃犯罪に大きな楔を打ち込むことが可能な事は間違いありませんが、そう簡単にいくものでもありません。

そもそものスマートガンがアメリカ社会で浸透しなければ意味のない事も言えますが、すでに出回っている既存の銃の扱いも難しいです。

アナログな既存の銃を持つことを禁止にすることや、でたらめな保有税を課すという方法もありますが、アウトローな方は隠して持つでしょう。

更には、NRA(ライフル協会)がスマートガンについて反発している事や、トランプ大統領が先日の記者会見でも銃規制に触れないことを考えれば、一筋縄ではいかないでしょう。

しかしながら、問題解決を助ける技術があるのにも関わらず、それを利用しないとなればリーダーの資質を疑われかねない事にもなりますので、トリガー陣営はいかに国としてスマートガンを推奨させるように持ち込むかもマーケティングの一つとなりそうです。

多発するアメリカでの銃犯罪で、銃に対しての規制を求める声も少なくありません。

事件が起こるたびにデモがあります。

トランプ大統領も支持率が決して高くないことを考えると、無視できなくなる問題なのかもしれません。

スマートガンが普及すれば、それに伴いトリガーも仮想通貨としての存在感を発揮し大化けしていくのではないでしょうか。

 

コメント