工具箱をひたすら磨いて綺麗にする【金ブラシ・回転やすり・ピカール】

DIY
この記事は約2分で読めます。

かなり年季の入った工具箱がありましたので、ひたすら磨いてどれだけ綺麗になるか試してみました。

YouTubeに動画もありますので、ぜひご覧ください。

工具箱をひたすら磨いてみた

シンプルで古い工具箱

恐らく30年以上物だと思いますが、シンプルで使い勝手の良さそうな工具箱なので、どれだけ綺麗にできるか分からなかったですが、塗装を削ったり磨いたりして綺麗にしていきます。

↑ビフォーこんな感じの工具箱です。

綺麗に洗い、ブラッシング

まずは水洗いで汚れを落としていきます。

この時点で、結構な汚れが落ちましたが見た目はあまり変化なし。

サビが結構ありますので、例に倣って金ブラシで擦ります。

10分ほど磨いていましたが、全然綺麗になってくれる気配がありません…

金ブラシを改造し回転やすりに

文明の利器を使う事にしました。

倉庫に転がっていた回転やすり(♯60)を使っていきます。

5分程で、一面が綺麗(塗装を剥がす)になりました。

さっきの10分間の磨きは何だったのか…

ここで、試したいことがありましたのでやってみます。

役立たずの金ブラシを良いサイズにカットして、真ん中に穴を空け、ボルトナットを挿し込み固定します。

即席の回転金ブラシの完成です。

威力の程は…

驚異の破壊力!

回転やすりよりも遥かに効率的!

強すぎて工具箱が逆に傷物になりましたので、仕上げだけは回転やすりに頼りました。

磨き上げる

仕上げはピカール1本。

ブルーマジックを使えば、鏡面仕上げ出来そうですが、半ば力尽きていたので妥協します。

ひたすら磨き作業です。

これも磨けば磨くほど良い仕上がりになるので、力を込めてゴシゴシします。

結構な時間をかけて磨いた結果…

予想以上の出来栄え。

見事に古びたシンプルな工具箱が、オシャレ工具箱に変身しました。

かなり時間がかかりますので、買った方が良い気もしますが、綺麗になる快感は味わえます。

ドライバーがあればなんとかなるので、古い工具箱があればぜひお試しを。

コメント