【男飯】鯛出汁茶漬けの作り方

DIY
スポンサーリンク

YouTubeで、魚をさばく動画が人気ですよね。

私もまんまと影響を受けて、ちょうど残っていた鯛をさばいて出汁をとりました。

完全初心者の三枚おろしは…。

使用した鯛は、2尾で580円のやっすい鯛です。

その内、1尾だけ使いました。

先ずは鱗・エラを取り、内臓を取り除き血合いを洗い流します。

小まめに鯛とまな板を洗う事で、生臭さが軽減するそうです。

下処理が終われば、頭を落とします。

鯛の骨は固いので、しっかりと出刃包丁で。

続いて三枚におろしていきます。

三枚に下ろした鯛がこちら。

それっぽく見えますが、包丁の切れ味が悪いのか、私の腕が悪いのか身がかなり少なくなりました。

YouTubeでかなりイメージトレーニングしていましたが、イメージ通りにはいかず…

YouTuberってすごいですね。

辛うじて残った身はこちら。。

今回は、出汁を取ることがメインなのでご愛嬌という事で。

初めて三枚おろしをしますが、これは慣れが必要ですね。

そして、今回の出汁取りのメインのアラ達。

三枚におろした中骨も参加で、細かく切ることで出汁が出やすいように下準備をします。

アラ出汁を取る

投入するアラは、事前にオーブンレンジなどで焼き色を付けておきます。

そうする事で、生臭さの少ない鯛出汁が取れるようです。

鯛の準備が出来たら、昆布で取った出汁の中に鯛のアラも投入します。

ここでしばらく沸かせるのですが、灰汁が出てきたらOKのようです。

灰汁抜きをして、アラを取り出します。

取り出したアラはヘラやお玉を使い、潰して骨の髄まで出汁を出し切ります。最後はアラをクッキングシートで包んで搾って最後まで出汁を取り切ります。

最後に出汁を濾して味付けです。

味付けは…

  • 薄口しょうゆ

で、お好みで整える程度です。

意外に、しっかり鯛の味がする出汁が取れました。

生臭さもあまりありません。しっかり焼いたからでしょうか?

後は、三枚におろしておいた少ない身を、焼いて出汁をかければ鯛出汁茶漬けの完成です。

見栄えはあまり良くありませんが、お店で出てきても違和感のない出汁茶漬けで美味しかったです。

まとめ

やはり、初心者には三枚におろすと言うのが難しい作業です。

YouTubeのヘビーユーザーの私が、繰り返し「三枚おろし」の動画を見てイメージトレーニングして、満を持して行動しましたが、なかなか厳しい結果でした。

包丁がもっと切れ味良ければ…と言い訳しておきます。

ですが、出汁を取ることに関しては大成功です。

これは、初心者でもできますし、結構なクオリティだと自負するところ。

三枚おろしのリベンジを兼ねて、もう一度してみたいです。

コメント