2019年ラグビーワールドカップはスター選手が続々と生まれた

スポーツ
この記事は約2分で読めます。

日本開催のラグビーワールドカップが幕を下ろしましたが、日本代表選手のメディア露出が多くなっています。

ラグビー選手がメディアに露出する事こそ、日本ラグビー界に必要な事ですので、大会終了後のまさにこの期間もラグビー界には重要なものになりそうです。

ラグビー界にスター選手は最重要

ラグビー界のスター選手といえば、最近では五郎丸歩選手

少し前は大畑大介選手。更に遡ると、平尾誠二選手とスター選手がいなかったことはありませんし、こういった選手がいなければ、ラグビーがこれまで取り上げられることも格段に少なかったでしょうし、ラグビー人気を盛り上げてきてくれました。

スター選手の重要性は、プロスポーツにおいてかなり重要だといえます。

野球には長嶋茂雄。サッカーには三浦大輔。相撲界には若貴。ゴルフは石川遼等、人気スポーツはスター選手が牽引してきた事は間違いありません。

ラグビー界も上記のようにスター選手がいましたし、大畑大介のようにトークの才能にもあふれた人材もいましたが、チームとしての強さがこれまで足りなかったことが問題でした。

しかし、今回はチームの力も十分に発揮されましたので、今後のラグビー界を先導していくスター性あふれる人材がメディアでどのように広報していくかが非常に見ものです。

多数のスター候補

今大会で、スター候補は多数出てきてくれました。

  • 松島幸太郎
  • 中島イシレリ
  • 福岡堅樹
  • 稲垣啓太
  • 姫野和樹
  • リーチ・マイケル
  • 田村優
  • 堀江翔太
  • レメキロマノラヴァ

非常に人材豊富です。

「笑わない男」「ジャッカル姫野」等、キャラ立ちもしてます。

今後、メディアに登場する機会も少しの間は多くなりますので、そこでどのように自分自身を、ラグビーを推していけるか非常に重要です。

フィールドで見せたストイックさをメディアでも発揮して欲しいと思います。

コメント