SDGs(エスディージーズ)とは【ラグビーを通した開発目標】

スポーツ
この記事は約3分で読めます。

最近、新聞やテレビの中でよく聞く「SDGs(エスディージーズ)」という言葉。

認知度は徐々に高まってはいますが、まだまだ知らない人も多いのが現状だと思います。

スポーツにおいても、スポーツを通じ持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するため、「スポーツ SDGs」を呼びかけています。

ラグビーにおいても、ラグビーとライフスキル学習を組み合わせたカリキュラムを提供しています。

SDGs(エスディージーズ)とは

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

2015年9月に開かれたサミットの中で決められた、2016年~2030年までの国際社会共通の目標です。

2001年に策定された「MDGs(エムディージーズ・ミレニアム開発目標)」が2015年に達成期限を迎え、MDGsの後継として新たに世界目標として定められました。

SDGsは「17の目標」(以下)と「169のターゲット(具体目標)」から構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

  1. [貧困]
  2. [飢餓]
  3. [保健]
  4. [教育]
  5. [ジェンダー]
  6. [水・衛生]
  7. [エネルギー]
  8. [経済成長と雇用]
  9. [インフラ、産業化、イノベーション]
  10. [不平等]
  11. [持続可能な都市]
  12. [持続可能な消費と生産]
  13. [気候変動]
  14. [海洋資源]
  15. [陸上資源]
  16. [平和]
  17. [実施手段]

スポーツとSDGs

安倍総理を本部長として、 SDGs 推進本部は設置されています。

安倍総理から 2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を、SDGsを推進する大会にするという事が述べられています。

スポーツを通じて最大限の貢献をしていくことを目標にしています。

スポーツには多くの人を巻き込む力があり、スポーツは人をまとめてムーブメントを起こす力があります。

その絶好の機会に力を借りて、取り組みを広め共有していく事がスポーツを通した活動となります。

例:スポーツを通した教育や健康促進、性差をなくす等。陸上資源を考える場の提供など。

ラグビーでは

ラグビーでは、アジアで困難な立場に立つ子どもたちの生活を変える役割を果たす取組「パス・イット・バック」が開始されています。

  • 子供達のレジリエンス強化
  • ジェンダー平等の促進
  • ライフスキルの醸成

安全で安心な以上の項目を設け活動しています。

チャイルド・ファンド「パス・イット・バック」

【チャイルド・ファンド「パス・イット・バック」】アジアの厳しい環境に暮らす子どもたちの未来を、ラグビーを通じてライフスキルを身につけるプログラムで支えることを目指している活動です。 こちらの活動に、ラグビーワールドカップ2019日本大会のチケット抽選申し込み時に、750円、1,500円、3,000円から選んで寄付をすることができます。 アジアのために、ぜひ一緒に チャイルド・ファンド・ジャパン (ChildFund Japan)「パス・イット・バック」に参加しましょう。 詳しくはこちらをご覧ください。➡https://www.rugbyworldcup.com/news/360479 #RWC2019 #PassItBack #ImpactBeyond2019

ラグビーワールドカップさんの投稿 2018年10月3日水曜日
ワールドラグビーとチャイルド・ファンドがパートナーシップを締結しました | 認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン
チャイルド・ファンド・ジャパンは、子どもたちの成長と地域の自立を目指して1975年から活動を続けている国際NGOです。貧しさの中で暮らす子どもを支援するスポンサーシップ・プログラム(里親支援)を実施しています。
World Rugby and ChildFund launch transformational partnership for RWC 2019
Rugby World Cup 2019 in Japan will play a transformational role in the lives of disadvantaged children across Asia, thanks to a game-changing partnership betwee...

コメント