ウォーターサーバーは必要?【水の違い】

美容・健康
この記事は約6分で読めます。

日本は、水道法や食品衛生法などで、世界的に見ても水質検査の厳しい事で有名であり、水道水がそのまま飲める数少ない国です。

しかしながら、ここ数年で、ウォーターサーバーを設置する家庭が多くなりました。

水道水が飲めるのに、本当にウォーターサーバーが必要か調べてみました。

※築年数が古い戸建てや、貯水槽のあるマンションにお住いの場合はウォーターサーバーをおススメします。築年数が古いと水道管が劣化・汚れが出ますし、直結給水でないマンションは一旦貯水槽に水を集めて給水ですが、貯水槽は必ずしも衛生面でリスクが無いと言い切れないのです。

 

水道水と市販の水

まずは、水そのものについて考えていきたいと思います。

主に、私たちがこれまで飲んできたのは、水道水と市販の水です。

これらについて、調べました。

水道水

水質基準として定められている項目数だけでも、水道水は51項目です。

ですが、美味しく飲めるのは市販の水だとされています。

なぜ、安全性の高い水道水は美味しくないのかというと、殺菌に使用される塩素が原因です

カルキ臭が水道水を美味しく飲めなくしているのです。

しかし、水道水に含まれる塩素は体に悪いわけではなく、煮沸でカルキ抜きが出来ます。

因みに、塩素はミネラルウォーターに含まれるミネラルの一部でもあります。(水道水に含まれる量よりも更に微量ですが)

 

市販の水

市販の水は、水道水に比べ美味しいと感じる人が多いです。

一つは、上記の水道水のようにカルキ臭が無い事と、殆ど冷えている状態を飲む機会が多い温度的な面もあります。

また、種類も豊富で特徴も様々です。災害時の備蓄としても、2~3年ほど保存も出来ます。

水道水が水道法の管轄に対して、市販の水は食品衛生法で管理されますので水道水に比べて自由度も高いです。

しかし、高価である事(一時はガソリンより高いと騒がれるほど)と、ゴミが出るなどのデメリットもありますし、日本は水道水が飲める国ですので嗜好品の扱いです。

 

天然水とミネラルウォーターの違いは

市販の水で、何気なく分類されている水。

これにも、明確に区別される理由があります。

天然水

天然水は、特定の水源から採水した地下水が原水です。

沈殿・濾過・加熱殺菌以外の処理をしていない事も、天然水の定義となりますので、水道水よりも遥かに水質基準は低い事が分かりますが、安全性には問題はありません。

より、ネイチャーメイドで自然水だと言えます。

 

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、ミネラルの調整やブレンドを行った水です。

ですので、複数の水源の水が混じっています。

水質基準として定められている項目数、ミネラルウォーターは18項目です。

そうです、水道水よりミネラルウォーターは基準が低いのです。

なぜかというと、ミネラルウォーターは水道法で基準値が51項目定められているのに対し、ミネラルウォーターは食品衛生法のかかるものとなりますので、扱いは清涼飲料水と同様です。

因みに、ミネラルとは直訳すると「鉱物」ですが、機物に含まれる4元素以外の必須元素の事です。

つまり、炭素・水素・窒素・酸素以外という事です。

具体的には、ミネラルは100種以上の種類がありますが、代表的なものがナトリウム・マグネシウム・リン等です。

ミネラルは、体の調子を整えたり、体の組織を作ったりと必要不可欠な要素です。

 

ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーについて、水そのものについてはミネラルウォーターという事が殆どです。

ですので、上記の事から言うと水そのものの安全性では、水道水に軍配が上がります。水質基準で51項目(水道水)と18項目(ミネラルウォーター)ですから。

しかし、考えてみると水道水は51項目の検査してから、水道管や蛇口を通って家庭で使用されます。

蛇口は使用年数を重ねると、どうしてもサビが発生し、水道管についても管同士の繋ぎ目が劣化することもあり、そこから不純物が出ることもあるそうです。

実際に、(塩素を除き)味や臭いに違いがあります。

YouTubeで「水道管 洗浄」を検索。とんでもない映像で衝撃です。

これらの考えると、安全性の水道水。味のウォーターサーバー。とは言われますが、この構図も疑問です。

下に、ウォーターサーバーのメリットとデメリットを書き出します。



はじめてみませんか?天然水を【宅配無料】でお届け!

ウォーターサーバーのメリット

  • 冷水・熱湯がすぐに飲める
  • 市販のペットボトルの水を買うより安い
  • 市販のペットボトルを買う手間がない(無料配達してくれる)
  • 水道水のような臭いがなく、おいしい
  • 水の選択肢が多い
  • 安全で、赤ちゃんのミルクを作るのに適している
  • 料理に使う事で、料理がおいしくなる
  • 災害時の備蓄になる

 

ウォーターサーバーのデメリット

  • コスト面
  • 使う量が多いと、その分料金が加算されていく
  • 水の料金以外に、電気代もかかる
  • 業者の選別が必要
  • サーバーの設置場所が必要
  • 水の保管場所が必要
  • 水の交換に力が必要
  • 手入・メンテナンスが必要

 

水道直結型ウォーターサーバー

従来のウォーターサーバーに代わり、最近流行なのが水道直結型ウォーターサーバーです。

言葉の通り、水道から直接水をサーバーに通して飲料水等として使用します。

いわゆる、浄水器です。

ですが、これまでの蛇口先についていたタイプや、水道横に置いているタイプの浄水器とは違い、もっと大掛かりなノーマルのウォーターサーバーと同じくらい場所を取ります。

それなりに大型の機械ですので、性能も良いですが、レンタル費用が発生します。

水道直結型ウォーターサーバーが、なぜ流行かというと、

そもそも、水質基準ではミネラルウォーター18試験項目で、水道水は51試験項目。

ですので、本来は水道水の方が質・安全性は高いといえます。

しかし、給水されるまでの過程で臭いや味がついて、ミネラルウォーターの美味しさに負けてしまうのです。

この水道直結型ウォーターサーバーは家庭に届いた水道水の水質や味・臭いをクリアにしてくれます。(使用した感じでは、本当に味が変わりました)

塩素やトリハロメタン、鉛やカビ臭までも取り除き、赤ちゃんのミルクもそのまま作れます。

味も、ウォーターサーバーと遜色ないので、これなら水質基準で勝っている水道水に軍配が上がり、流行に繋がるという事です。

しかも、月額定額制で水道水ですので使い放題。(殆どの場合、カートリッジ交換無料)

もちろん、冷水・熱湯も対応している優れものです。

むしろ、水道直結型は従来のウォーターサーバーのデメリットをカバーしている点が多いです。

  • 定額で飲み放題
  • 水の交換・注文が不要
  • ゴミが出ない
  • 製品によって、無料の定期メンテナンスがある

 



定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。



おいしいお水は作る時代!【Purest(ピュレスト)】

まとめ

日本の水道事情とは異なりますが、アメリカでは普及していますので、日本でも更に普及していくと予想される市場となっています。

より質を求めていく昨今の水事情では、やはり水道直結型を含め、レンタルサーバーが後押しされていくでしょう。

1ℓで100円前後のウォーターサーバーは市販で水を買うよりもお得で便利ですが、今まで1000ℓが100円だった水道水を考えれば、コスト面は億劫になりがちです。

しかしながら、一昔前は、市販のお茶や水を購入する事に抵抗がある人が殆どでしたが、今では当たり前のようにお茶や水を購入します。

そのことを考えると、やはり今後は当たり前のように一家に一台はウォーターサーバーが設置されていくと思われます。



コスモウォーターキャンペーン

コメント