ビタミンの過剰摂取は禿げる?

美容・健康
スポンサーリンク

ビタミンは人間の体の三大栄養素と言われます。

そんなビタミンの過剰摂取は髪の成長・発育に影響があるようです。

ビタミンは大きく分けて2種類

ビタミンと一口に言っても、様々種類があります。

A・B・CやEやH等、多くありますが、この中で大きく分けて水溶性と脂溶性があります。

水溶性ビタミン

水溶性とは、言葉の通り水に溶けるタイプのビタミンです。

種類は…

  • ビタミンB群
  • ビタミンC

特徴は、水に溶けやすく、血液や体液に含まれています。

水に溶けるので、大量に飲んでも尿等と一緒に排泄されますので過剰症にはなりにくいですが、蓄えられないので、毎日とることが必要です。

脂溶性ビタミン

脂溶性とは、水溶性が水に溶けるタイプに対し、油脂に溶けるタイプのビタミンです。

種類は…

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

特徴は、油脂に溶けやすく、肝臓や細胞膜、リポタンパク中にあります。

水溶性ビタミンとは、反対に大量に摂取すると脂肪分に溶けて蓄積されるので、多少溜める事が出来ますが、過剰症になる場合があります。

過剰症の症状に脱毛が…

主に、脂溶性ビタミンで起こる過剰施用ですが、ビタミンの種類によってその症状は違います。

特に、ビタミンAが過剰症を引き起こしやすく、その症状の中に脱毛というものがあるのです。

ビタミンAの過剰症の症状

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腫れ、むくみ
  • 脱毛
  • 発疹

しかも、頭痛、吐き気は急性の症状で治まりますが、それ以下は慢性の症状のようです。

直ちに、ビタミンAの摂取をやめれば後遺症もなく症状は治まると言いますが、かなりシビアな話です。

まとめ

ビタミン剤のような、サプリメントで栄養を摂取する方は特に、ビタミンは大丈夫という印象がある為、過剰に摂取はしていませんが?

ビタミンを摂取する際にも、他の栄養素と同様に過剰摂取には気を付けなければなりません。

自ら禿げを進行させてしまう恐れもありますので。

ですが、ビタミンCのように抗酸化作用を持つ水溶性ビタミンは多少摂り過ぎても、尿と排泄されますし、髪の毛にも良いとされています。

更に、喫煙者はビタミンC不足になりやすいと言います。

これは、喫煙によりビタミンCが破壊されるだけでなく大量消費もされるからだと言いますので、非喫煙者の2倍のビタミンCを取る必要があるようです。

身体を整えるビタミンは、必要不可欠な栄養素。

正しい知識があれが良いに越したことはありません。

コメント