転職は成功する近道

スポンサーリンク

今の転職事情について考えると、かなりの方々が転職していることがわかります。

一昔前だと、終身雇用が良いとされていて、疑う余地もありませんでした。安定志向の私も学生時代は、そうなんだろうなぁと漠然と考えていました。

大人になり社会に出てみると、転職している方の多さに驚きます。人材派遣会社や紹介会社の多さが際立つのも頷けます。

そんな私も、学生時代就職活動をして入った会社を一身上の都合により退社しております。一身上の都合と言っても前職場や同僚の方々は今でもかなり親しいです。

先ほど、以前より転職について相談を受けていた知人から「仕事続けることになりました」と連絡があったことで、気になっていた転職事情について思う所を投稿します。

自分に合う職場か否か

私の場合、以前の職場では仕事にかなり重点を置いた生活を送っていました。それは会社に拘束されていたからではなく、ただ純粋に仕事が好きだったんですね。

ただ、本来私は根っからの怠け者。学生時代は本当に堕落した生活を送っておりました。実家なので、今思うとかなりひどかったと思います。

そんな私が、なぜ仕事人間になれたかというと、就活で自分に合う職場に1発で入れたからだと思います。本当に今思ってもラッキーでした。雰囲気、人間関係、業績も自分の肌に合いすくすくと成長させていただきました。

そんな中でも、やはり隣の畑は青く見えたりするんですね。職場内で業績をどんどん上げていくと、ヘッドハンティングなるものも実際あるんです。入社2年目だったのでかなり自信にもなりました。お給料は同等で、仕事内容はすこし緩くなる(勤務時間的に)。少し魅力を感じてしまいました。そこは愛社精神。お断りしましたが、そのうちに私も退職してしまいました。

また、私がいた業界柄かもしれませんが、スタートアップも多く業界内でも転職の多い業界でした。体育会系気質と、バイタリティ・ポテンシャルあふれる人材が多かったように思います。でも、そんな方々を見ていると、前の職場のほうが生き生きされていたなぁ…とか、転職して雰囲気良くなってすごい良い仕事されているな!とか、思う事は多々ありました。

職場を変わられた方の、顛末を見れたことは貴重な体験でした。取引業者が多かったことが何よりありがたい。

私は、望む仕事や裁量、満足いくお給料。チャレンジする環境や職場の環境も整っていたので、転職は仕事を続けていてもしなかったと思います。

住む地域によって仕事するメンタリティは変わる

ある同業他社の営業マンが、転職で地方に行った時の事です。

もともとはバリバリの営業マンで、忙しくされていました。忙しい中にも、元気のあふれる好印象の営業マンでした。しかし、転職でもともとしていた仕事と比べかなりソフトな職場になり、8時間ピッタリで仕事が終わり、町も静かなところらしいです。給料こそは少し下がるくらいで、生活水準は下がっていないのですが、仕事時間が少なくなったことと、地方に友達がいなかったことで、仕事以外はゲームしかすることがなく転職をかなり後悔されていました。

もともとは、通常業務時間が削減された代わりに新しい事を始めたいという事だったらしいのですが、動き出せないままに時間が過ぎていったようです。

就活をともにしていた学生時代の仲間も、大手の企業に就職しても希望の地域でなくこのようになっていく人はよく聞きます。

何をとるか

冒頭に書いた、知人に相談を受けていた時にも言っていたことですが、仕事をすることによって何を得るかが重要だと私は思っております。

私は、遊ぶ金欲しさに働いていたつもりが、仕事がもはや楽しくて仕事を楽しみとし自分自身が成長する事をとりました。

知人も同じように、趣味の為に働くというつもりが趣味をするには給料が少なく、また希望の部署から外され転職を悩んでいました。

その知人は車が趣味なので、車の仕事をしたらどうかと提案すると、趣味を仕事にすると趣味がなくなるというのです。私には理解できませんでしたが、それなら趣味を最大限に楽しめる職場や環境を模索すべきだと転職を勧めていました。

結果的に知人は転職しなかったようですが、仕事はあくまで手段。

私の地元の友人も、かなりの人数が転職しています。

将来が不安で仕事をする。生活が心配で仕事をする。これもありだと思います。また、なんとなく仕事をする。これもまたあり。

ただ、よりよくなりたいなら仕事をするにも明確に自分がどうなりたいかが必要だと思います。

人生設計をすることから初めて見ないことには、就職であったり、転職する値打ちが薄れるのだと思います。

長々と、書きましたが言いたいことは最後2文これでした。

コメント