プラレール博2019in大阪に行ってきた

子育て
この記事は約5分で読めます。

大阪の南港で開催された、プラレール博2019に行ってきました。

アクセスと便利な駐車場

大阪のプラレール博は大阪南港ATCで行われています。

電車では環状線の弁天町で乗り換え、大阪ニュートラムのトレードセンター前か、中ふ頭から徒歩でATCへ行けます。

駐車場は、ATCの地下駐車場であれば、30分200円(2時間以降は30分150円)で、平日最大800円・土日祝日最大1000円となります。

1店舗で3000円以上の買い物をすれば1時間のサービス券が配布されます。

というATC駐車場ですが、そのATCの道路を挟んで向かい側にある駐車場(タイムス)の方がおススメです。

料金は、平日最大300円・土日祝日最大500円となりますので、半額ですし駐車場隣のWTCコスモタワーを通れば建物同士が陸橋で繋がっていますので、雨にも濡れず信号もありません。

こちらが断然おススメですね。

プラレール博

プラレール博 in osakaの開催期間や時間は。

  • 開催期間 1月1日~1月6日と、1月12日~1月14日まで
  • 開催時間 10:00~16:30(最終入場16:00)

となっています。

前売り券を買えば少しお得になりますので、今後の開催の際も行くと決め込んでいればコンビニで簡単に買えますので、前売り券を買うのがおススメです。

会場マップは以下です。

アトラクションの待ち時間があっても2時間あれば十分全て回れます。

子供に振り回される場合は、この限りではありませんが。

因みに、私が子供3人連れて遊んだら1時間半で出られました。(アトラクション全て参加)

内容は

プラレール博の入り口には、まず迷子になっても大丈夫なようにワッペンが用意されています。

シールになっていて、服に張っても取れにくく柔らかいモノですし、張った子供は少し間抜けっぽくてかわいいです。

会場が広くて、興奮した子供が溢れていますので、付けることをおススメします。

展示コーナー

まず、入り口を抜けるとプラレールの紹介と写真スポットがあります。

プラレールの紹介は、あまり立ち止まらずにスルー状態で、写真スポットで少し渋滞。

そこまで、広くない廊下みたいな感じでの渋滞なので、待つほど混みませんのでスムーズに抜けれます。

紹介・写真コーナーを抜けると、体育館のような広間に展示コーナーがあります。

以下の写真のように、大阪ではドクターイエローが展示されています。

色々調べると、会場によって展示されている新幹線が違うようです。

ドクターイエローの正面の一角には大規模なプラレール展示がありますが、人だかりが凄いです。

人だかりも凄いですが、展示も凄いです。

大人の私も驚くくらいですから、子供はもっと驚いていると思います。

私の子供は、一周回って真顔でした。

その他、踏切のおもちゃや、床の中を走るプラレール。

海遊館が近いという事もあり、水槽の中を走るようなレイアウトだったり、協賛している企業広告の前を走るプラレール。

とにかく、ところかしこにプラレールがたくさんあります。

アトラクションコーナー

展示コーナーの奥にも広間があり、そちらはアトラクションコーナー

YouTubeでよく上がっているあのアトラクションです。

一角には、トーマスのエリアもあります。

こちらにも、先ほどの半分くらいの展示があり、こちらもひとだかり。

アトラクションをするには、プレイチケットが必要で、まずはチケットを購入しなければなりません。

1枚100円で、1000円だと1枚お得の11枚つづり。

このチケットを使ってアトラクションに参加します。

アトラクションには、プラレールがもらえるアトラクションがあり、基本的には先頭駆動車がもらえるアトラクションは7枚(700円)で、中間車・後部車両がもらえるアトラクションは5枚です。

もらえない、プラレールの乗り物は2枚で参加できます。

いずれも結構な行列ですが、回転が良いので10~20分程度の待ち時間です。

下は、ルーレットのアトラクション。

当たればメタリックの後部車両がもらえます。(外れでも、プラレールはもらえます)

以下も、プラレールをただ走らせるだけのゲームですが、それぞれ当たればメタリックの車両がもらえます。(外れでも、プラレールはもらえます)

以下は、乗り物とプラレール釣り。

釣りは、1分の制限時間内に何個とれるか競う遊びで、取れたプラレールの中から1つだけ選んで持ち帰れます。

因みに、その日の最高台数を連れたら、雪国仕様のレールがもらえます(4000円相当)

私が行った日は14台でした。たぶん大人の私が本気を出しても10台行くか微妙なのでムリゲーです。

まとめ

今回の、プラレール博の収穫は下の通りです。

食事代を除き、プラレール博のみで使った金額は6000円弱です。

それで11台ものプラレールをゲットできました。

しかも、アトラクションで当てないと手に入らないメタリックのプラレールもゲットできましたし。

メルカリなどで、このメタリックのプラレールを売れば5000円程になるようです。

現場で大の大人も楽しむこともできて、このようにお土産まであるプラレール博は、そう考えると非常にコスパの良いスポットだと思いますので、かなりお勧めできます。

コメント