今年1年をマネジメントしよう

自己啓発
スポンサーリンク

私個人的には2017年はすごい安定感で無難な1年になりました。

昨年に入るまではなかなかの波乱万丈で心がいっぱいいっぱいでした。。それをブログにしていたら今自分で見て面白かっただろうなぁと自負できるほどです。なので昨年は本当にスローライフでありがたい限りでした。

今年1年も可は欲しいですが、不可のないスローライフを目指して楽しくいきたいです。

新年の抱負が人生を変えるかも

皆さんは、それぞれに大人になるまでにあらゆる環境の中で生活を送ってきたと思います。

そして、その環境の中で新年の抱負を問われたことはないでしょうか?私はスポーツをしていたり人が集まる中に埋もれている事が多かったので、新年の抱負を問われたりしたことが多かったように思います。抱負って言っても、目標であったり望むことですよね。その場で考えて差しさわりのない事を答えていた記憶があります。

しかし、大人になり分かったことは新年の抱負(目標や望みを具現化するイメージ)って意外と大事だなってことです。何事もきっしょが肝心と言います。「きっしょ」とは大阪弁で年始・政始まつりごとはじめなどの物事の改まった時の事を意味します。

まさに、新年のこのタイミングが大事という事です。

何が大事かというと、この一年をどう過ごすのか方針を決める事です。

これは、頭の中でしているようで出来ていません。たぶんほとんどの人が何も抱負を持っていないか抱負を持っていても1週間たつと忘れてしまうからです。

問われて考える抱負と、自発的に本気で考える抱負の差です。ビジネスシーンやマネジメントの観点から申しますと、受動的か能動的の差です。

受動的か能動的かと言われると、間違いなく能動的な人のほうが成功者が多いですし心身ともに充実した人が多いとイメージされるはずです。

ただここで言いたいことは、新年の抱負を本気で考えてみるのも一興だという事です。

営業時代の金言

私が、営業をしていた時に新年社長に言われたことがあります。

「自分をいかにマネジメントするかで結果が大きく変わる」

その前後もすごい論理的に話してくださいましたが、成功している人の言葉は重みがありますね。この言葉と新年の抱負のタイミングが重なっていたので、具体的にどうなりたいのか本気で考えました。

答えは営業なので、「とことん稼ぐ」です。その目標から逆算して、いかに稼ぐかの方法であったり、時間の使い方などを試行錯誤しました。

それまでは、本気で営業をしていたつもりでしたが、漠然とこなすだけだったように感じます。営業をしていたつもりだっただけです。

社長に言われた言葉が、年半ばだったらそこまで響く事はなかっただろうと思いますが、言われたタイミングが新年の真新しい気持ちだったから素直に受け取れたのだと思います。

何事もタイミングって重要です。

そうして、1年自分自身を律してマネジメント、営業に打ち込んだ結果…

大卒2年目23歳にして給料100万円を達成しました。

でもまぁ今思うと、本当に良い会社・社長に巡り合えてマネジメントしてもらった感じですね。人の士気を高めるのが上手で、うまく私が高まったので良い結果が生まれました。

良い思い出です。

しかし、きっかけは新年の抱負を本気で考え出したのがきっかけなので、

「どうなりたいか」「どういう生活をしたいか」「どういう成果をあげたいか」「どう人から見られたいか」

自分自身の欲望や野望を現実に変えていく。すぐに成らなくても近づく方法をこの新年を機にじっくり考えてみてはいかがでしょうか?

自分自身のことは、自分でマネジメントする意識を持つことが何より人生を充実させる手立てだと思います。

新年になり、営業時代の事を思い出しましたので投稿しました。

コメント