野球を子供に教える【少年野球が上達する裏技】

スポーツ
この記事は約6分で読めます。

自分の子供が、スポーツで活躍すると嬉しいものですよね。

子を持つ親として、私も子供に何らかのスポーツはさせたいと思っています。

私自身、少年野球をしていましたので子供が選ぶスポーツが野球だったら嬉しいです。私も教えられますので。

ですが、子供にスポーツを教えるのは難しいですよね。

子供が理解できない事もありますし、簡単にできそうな事も子供にとっては難しかったりで、教える方も熱が入り過ぎるとフラストレーションがたまってしまいます。

しかしながら、周りに特別な才能の子がいない限り、私の考えが正しければチーム内で優秀な選手になると思います。

因みに、私は中学で野球はやめましたが高校から推薦の話も来ていましたので、中等部までの野球なら多少の自信はありです。

 

少年野球は強肩で強打が魅力

私が少年野球をしていた頃は、速い球が投げれる時点でエースでした。

そして、打では球を遠くに飛ばせたら4番です。

それは、少年野球に限らず中等部まで言える事でしょう。もちろん中等部の場合はコントロールも求められるようになりますが。

この事から、少年野球は技術的な指導よりも野球の身体つくりに特化する事が望ましいと考えています。

身体つくりとは、端的に言えば筋トレです。

子供の上手い下手は、極端に純粋な力(筋力)があるかないかによる判断が主だと感じます。

投げ方・捕り方が良くても、少年野球ではベース間を届かない肩力だったりします。つまり、球の重さに筋力が見合わないという事です。

バッティングにしても、綺麗なスイングでも飛ばない事やバットに逆に振り回されている子も多くいます。

そういった事から、まずは球を投げれる・バットを振れる筋力を付けてあげる指導が必要だというのが私の持論です。

基本的には、上手い人やプロ野球選手の映像を見て真似をすることが一番早い上達方法ですが、その前段階として筋力を付けてあげます。

 

子供に筋力をつける

まずは。前提として子供は心身ともに不安定だという事を認識したうえで、管理しなくてはなりません。過度なストレスを身体にも精神にもかけないであげましょう。

では…

子供に筋トレというと、成長を妨げるとか怪我の原因になると言う情報が出回っていますので、ナーバスになる方が多くいると思います。

確かに、無理な筋トレは故障に繋がることは確かです。しかし、オーバーワーク大人にも言える事。

筋トレ前にストレッチなどの準備を行い、無理な負荷はかけず、クールダウンを行う事で故障のリスクは大きく軽減します。

そして、1番気になる成長の阻害。これは殆どないのでは?と私は思います。

以前までは、筋肉が骨の成長を邪魔をすると言うのが定説ですが、そんな事はありません。

骨の成長する力は、筋肉の圧力を遥かに凌ぐと言う研究データも出ているくらいなので問題ないでしょう。

むしろ、適度な運動やトレーニングは成長ホルモンの分泌を促す事は周知の事実。

小学生などの、成長期には筋トレはうってつけかも知れません。

そして、最も重要な事は食事と睡眠。

大人でも、筋トレするとプロテインを飲むように、筋トレだけをしていても体は出来てきません。

ただでさえ成長期で身体は栄養を求めていますので、プロテインはどうかと思いますがバランスの良い食事とタンパク源があればいう事なしです。

そして、摂った栄養は睡眠時に吸収されます。最近の子は、割と夜更かしな子が多い気がしますので…

しかしながら、まだまだ体の出来ていない成長段階の子供。少し過剰に見てあげることも必要ですし、過度なトレーニングは禁物。

子供の筋トレは、精神的にも向上するチャンスだと私は強く感じますが、大人が子供の身体・精神の状態を管理してあげる必要性は大です。

 

筋トレ法

子供の筋トレに、ジムにあるような本格的なものは必要ないです。

特別用意するとしたら、野球の場合はチューブ・ダンベル・マスコットバットがあれば十分です。

ダンベルも子供には1kgか重くても2kgまでが適度な重さです。

チューブはインナーマッスルを鍛える為に用いられますが、柔軟性にも関わるので正しく使えば怪我予防の筋トレにもなる優れもの。

地味なトレーニングで嫌われることが多いですが。

ダンベルは、主にカールをしていれば握力が付きますので投げるのにも打つのにも効果的です。

なんせ、重いものに慣れていれば自然とバットやボールの重さに対応できる筋力が付きます。

 

で、ここからが私独自で実践していたマスコットバットでのトレーニング。

マスコットバットを振った後に通常のバットを振ったら、プラスチックバットのように振り回せる経験はありませんか?

そのプラスチックバットのように感じる感覚が大切です。

  1. マスコットバットで重さを感じながら素振り
  2. 普通のバットで早いスイングを意識(多少スイングがめちゃくちゃでも)
  3. 右打ち左打ちを交互に繰り返す(体のバランスを整えるため)

上記1~3を反復します。(毎日はする必要ありません。腰に負担が無い程度に)

とにかく、スイングスピードを上げる為にこれを行いますが、スイングスピードが速ければ少年野球の場合はミートも上達します。

細かい指導は必要ありませんが、バットの持ち方やステップの仕方だけ教えてあげれば良いでしょう。

マスコットバットの後にプラスチックバットでも良いです。

これは、体にスイングのスピードを覚えさせるトレーニングですので。

私も実際に中等部でこのトレーニングを取り入れましたが、ウソのように柵越えが打てるだけでなく、打率も伸びるようになりましたので、スイングスピードはパワーとミートを同時に向上させます。

 

まとめ

桑田理論とテレビで放送され、「球は正面で受ける」というものがオワコンになっているように、最近では、私が少年野球をしていた時の指導法と大きく変わってきていると思います。

指導者や子供が違うと、指導法も十人十色。

何が正しいか、何が間違っているとかは最早ないと思いますが、上記のようなトレーニングはあまり少年野球では取り入れられないからこそおススメです。他の子と違いが実感できるからこそ。

しかし、野球を嫌いになってしまうような指導法は間違いです。(練習が辛いから嫌というのは別として)

野球は楽しむ事が一番大事。その中で、上達することに子供自身が「喜び」を覚えたり、「仲間の大切さ」に気付いたり、「努力する・継続する重要性」を知るのです。

その他にも様々な事を野球に関わらずスポーツは教えてくれます。

大人の口からではなく、自分自身で気づくことも多くあるでしょう。

スポーツは教育という側面も持ち合わせていますので、失敗から成長する事もあります。

何より、大人が子供の楽しめる環境整備をしてあげることが最重要です。

 

コメント